タイミングを如何にして作るか

朝焼け

2015年12月5日の土曜日は自宅に帰ってきたのが朝だった。前日の金曜日の晩から、会社の人達と五反田で飲んでいて、電車が動き出した頃に解散になったのだった。

普段の週末ならば、そのまま寝てしまうのだけれど、朝焼けが綺麗で気分が良くなったので、カメラを入れたバッグを背負い、自転車に乗って近所の写真を撮りに行くことにした。最後のお店ではソフトドリンクしか飲んでおらず、その前のお店も何十倍にも希釈している水割りのウィスキーを飲んでいたので、酔いは完全に覚めていたのも後押しになった。

沿道に銀杏が植わっている道は神宮外苑とかいう道で何やら有名らしい。人や車が少なかったし、銀杏が散る前に撮れたので良かった。

神宮外苑の銀杏

その近くには、国立競技場の跡地というか、建設予定地というかがある。今は工事中で、中が見えないように高い壁が設けられている。位置的には、新宿の街が見晴らせるのだけれど、壁が以前よりも更に高くなって、少し前まで場所によっては見えていた新宿方面の景色が完全にブロックされてしまっていた。残念に思っていたのだけれども、たまたま、工事車両の出入り口が開いているのを見つけて、そこから新宿の高層ビル群を一望できた。朝の空のグラデーションに染まる巨大建築。悪くない組み合わせだと思った。

朝に染まる新宿

久しぶりに自転車を漕いだらお腹が空いたので、24時間営業のラーメン屋さん、千駄ヶ谷のホープ軒でラーメンを食べることにした。メニューにはネギラーメンがあるのだけれど、おろしニンニク、豆板醤、胡椒などと一緒に、卓上にネギがおいてあり、他のメニューを頼んでいても無料で追加することができる謎のシステム。きっと、太っ腹なのだ。きっと。

ラーメンの特徴を挙げておくならば、太めで食べ応えがある麺と背脂がたっぷりと入ったスープだ。三食食べたい、とは思えないのだけれど、また食べたくなる。ここのスープはカロリーが怖くて全部は飲めない。

ホープ軒のラーメン

再度帰宅して床についたら、次に目が覚めたのは昼過ぎだったが、そこから掃除や洗濯を済ませることができた。flickr への写真のアップロードもできた。まずまずの土曜日になったと思う。ひとつ心残りがあるとすれば、朝まで飲んでいたお店で、女の子の連絡先を訊くタイミングを逃したことくらいだ。次に会う機会があれば、写真の被写体になってもらいたいとお願いしようと思っている。