ご趣味は?

Sakura

2ちゃんねるのまとめサイトで、新入社員が自己紹介をするときに「趣味はアニメとゲームです」と言ったら、上司から「こういう場では野球とかサッカーって言っておくもんだよ」と苦言を呈されたという内容の記事を見た。

面倒くさいから、元のスレッドを全部見たわけではないけれど、考えが足りない人間ばかりが書き込んでいたようなので、何故この上司がこういった発言をしたのか合理的な説明を与えることで助け舟を出してやろうと言うわけだ。

頼まれてもいないのに。我ながら仕方のないやつだ。

ここまで読んで、「そんな老害みたいな上司を擁護するだって?! お前は他人の趣味に口出しする原理主義者か?! 滅びよ!!」みたいなことを考えた君、浅はかです。

反対に「アニメとゲームはヲタクのダセー趣味だもんな! もっと言ってやれ!!」って考えたあなたも同様に浅はかなのだよ。

趣味なんて他人に迷惑をかけなければ、何をやったってよろしい。他人の趣味なんて知ったこっちゃないし、興味もない。(ただし、その人自身に自分が興味を持っている場合を除く。)

まぁ、読め。続きを。

早速だが、新入社員の自己紹介について Q&A 形式で思考を掘り下げていってみよう。

Q 新入社員が自己紹介をする。では、なぜ自己紹介をするのか?
A ざっくりと言えば、人となりを知ってもらうためでしょ。
Q では、なぜ人となりを知ってもらう必要があるのか?
A 会話の糸口をつかむため?
Q この状況では、完全に正解とは言えない。あと、質問を質問で返すんじゃねー。改めて、もう一度、問おう。なぜ人となりを知ってもらう必要があるのか?
A その人の個性を知るため。
Q では、なぜ個性を知る必要があるのか?
A 今後の人間関係を良好にするため。
Q では、なぜ今後の人間関係を良好にする必要があるのか?
A 気持ちよく仕事をするため。
Q 気持ちよく仕事をするってどういうこと?
A 業務の連携がスムーズで、会社の業績も右肩上がり、社会貢献にもなって、やりがいだって感じちゃう!

はい、よくできました。ご褒美に花丸あげようね。

つまり、新入社員の自己紹介って、「これから一緒に働く中で "業務の連携、業績の向上、社会貢献、やりがいある仕事" ができる人間なんですよ、私は。」っていう、アピールの場なわけね。ここ大事。

で、アニメやゲームと、野球やサッカーとはイメージにどんな違いがあるのかを分析しよう。あくまでもイメージね。

アニメやゲームは、誰かが作ったものを楽しむ、また身体もほとんど動かさない、いわば受動的な趣味だ。一方で、野球やサッカーはというと、試合に勝つという目的に向かって自ら考えプレーする、いわば能動的な趣味だ。

アニメはサークルがあるだろうし、ゲームに関してはチームプレーで遊ぶものも増えているけれど、個々間での紐帯は弱い、つまり一人で楽しめる趣味ということになる。一方の野球やサッカーは、人数が揃わないと試合を開始できないし、試合に勝つためにはチームプレーは必須になる。そして、チームプレーを成立させるのは、高いコミュニケーション能力だ。

翻り、会社で働くときに必要とされる能力が何かといえば、能動性とチームプレー、コミュニケーション能力なのは、少しでも社会経験を積んだことのある人なら容易に理解できることだろう。

ここで、本題に戻る。自己紹介の場で、「趣味はアニメとゲームです」って言っちゃった新入社員はつまり、せっかくの自己アピールの場で、「わたしは受動的で、チームプレーが苦手な、コミュニケーション能力の高くない人間です」って言っちゃってるようなもんなのね。実際はそうじゃないにしても。

逆に「趣味は野球です。休みの日は草野球で汗を流してます。」って答える人は、「わたしは能動的で、チームプレーが得意な、コミュニケーション能力の高い人間です」って言ってることになるわけ。実際はそうじゃないにしても。

だから、上司の「こういう場では野球とかサッカーって言っておくもんだよ」という苦言は、一理あるってことは分かったと思う。

もちろん、社内のコミュニケーションは、その人のパーソナリティをきっかけに生まれることは百も承知だ。だから、趣味はアニメとゲームです」というのが、全く悪いとも思わない。満点ではないだけで。

さらに言えば、アニメやゲームが趣味であっても、自分でもイラストを描いて発表してますとか、プログラムを勉強して自分でゲームを作ってみちゃいましたとか、能動性のアピールに繋がれば有りだと思う。要するに紹介の仕方だ。

ん? 野球もサッカーもテレビの前で見るだけで、自分はプレーしない? そんなやつは知らん。